研究開発課題1 沿岸域における災害の軽減と復旧

1A 地震災害の軽減や復旧に関する研究開発

近い将来の発生が懸念される巨大地震への対策として、地震後の幹線貨物輸送機能の確保や緊急物資輸送機能の早期確保が図られるように、最大級の地震動に関して、地震動の予測技術、被害予測技術及び耐震補強技術や応急対策技術などの研究開発を行う。

最大級の地震による波形予測と被害予測

地震動の連成作用下の液状化機構と評価予測 2011年東北地方太平洋地震
で被災した岸壁

 

 
補強部の荷重-変形特性を把握 早期供用のための技術

 

大規模な海底地盤流動

 

1B 津波災害の軽減や復旧に関する研究開発

最大級の津波に対しても人命を守り、社会経済に壊滅的な被害を発生させず、早期復旧・復興が図られるよう、津波発生時の情報通信技術(ICT)を活用した意思決定システムの開発や最大級の津波に対しても粘り強い防災機能を発揮する耐津波防波堤等の設計法や耐津波強化港湾の計画手法の研究開発を行う。

ICTによる意思決定支援システム

リアルタイム津波浸水予測技術の開発 津波で生じる流れ場や漂流物の挙動をシミュレート

 

耐津波強化港湾の形成

防波堤に作用する津波の実験とシミュレーション
による再現計算
粒子法による新たな津波計算手法

 

1C 高潮・高波災害の軽減や復旧に関する研究開発

地球温暖化の影響により、これまでの想定を越える高潮・高波の発生が懸念されていることから、最大級の高潮・高波に対する被害を軽減し、迅速な復旧・復興が図られるよう、予測技術と被害軽減技術の研究開発を行う。

高潮・高波の予測と最大級の被害想定

気象モデルを取り入れた高潮モデル 気象モデルによる気象場の推算例
(2014年12月の根室での高潮発生時)

 

最大級の高潮・高波の被害軽減技術

高波による構造物の被災 防波堤への津波と高波の複合作用に関する実験

 

ページの先頭へ戻る