所長からのメッセージ

世界に誇れる港湾・空港技術をめざして

所長(理事) 栗山 善昭

港湾空港技術研究所は、2016年4月に、海上技術安全研究所、電子航法研究所との統合によって発足した国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所の港湾空港技術研究所として再スタートしました。前身である運輸省港湾技術研究所の1962年の誕生以来、我々は、鹿島港開発や関西国際空港建設などの数々の港湾・空港プロジェクトを技術的に支援し、世界的にも評価される研究成果をあげてまいりましたが、今後は、他の二つの研究所を含む異なる分野の研究者の連携、融合をさらに拡大、深化させ、研究開発成果の最大化を図っていきます。 具体的には、四つのテーマ、すなわち、「沿岸域における災害の軽減と復旧」、「産業と国民生活を支えるストックの形成」、「海洋権益の保全と海洋の利活用」、「海域環境の形成と活用」に関する研究課題に取り組みます。 「沿岸域における災害の軽減と復旧」に関する研究では、最大級の地震、津波、高潮、高波による被害を軽減させる研究を行います。「産業と国民生活を支えるストックの形成」に関する研究では、老朽化している社会基盤施設の効率的な更新や施設の寿命そのものを延長させるための研究を行います。「海洋権益の保全と海洋の利活用」に関する研究では、波浪などの自然条件が厳しく施工も困難な遠隔離島での港湾整備のための研究や無人の水中施工・探査に向けての技術開発を行います。「海域環境の形成と活用」に関する研究では、沿岸生態系による二酸化炭素吸収(ブルーカーボン)に関する研究や地球温暖化による世界の砂浜の変形予測の研究に取り組みます。 上記研究の遂行に当たっては、港湾技術研究所時代の研究者魂を受け継いでいる本研究所発足以来の二大モットー、「研究水準が世界最高レベルであること」と「研究成果が実際のプロジェクトで役立つこと」、を追い求めつつ、インフラの海外展開の支援や東南アジア諸国などの沿岸防災力強化の支援などの国際活動をさらに推進したいと考えております。引き続き、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

ページの先頭へ戻る