マイクロフォーカス型X線CT装置

写真1
X線CT装置

マイクロフォーカス型X線CT装置は、物質内部の密度の分布を非破壊で観察できる装置です。所謂、3次元のレントゲン写真を撮影できる装置で、観察対象物(ワーク)の任意の断面の様子を観察することができます。

この装置は、最大で直径20cm程度の地盤材料を観察することができます。また、装置の内部で土質試験(透水試験や三軸圧縮試験など)を実施できるように設計されています。

この装置を使って、サンプルの壊れ方とサンプルの強さ・かたさを結びつけて考えることができ、地盤材料の特性をこれまで以上に詳しく知ることができます。

画像
X線CT装置のシステムの概念

ゴムチップ混合固化処理土の一軸圧縮試験の画像

写真2
試験前

写真3
試験後

写真4
試験後の拡大画像

 基礎工研究チーム(Webサイト)

 

 

 

ページの先頭へ戻る