空港舗装材料養生用環境試験装置

養生装置
空港舗装材料養生用環境試験装置

空港アスファルト舗装の耐候性を検証するため、室内の温度、湿度、降雨強度、日射強度、風圧の制御を行う装置です。
空港舗装が置かれる厳しい環境を再現することができ、さまざまなアスファルト舗装について、中長期的な耐候性を室内試験において検証することができます。 

温度 -20~60℃
湿度 30~90%
日射量 500~1000w/㎡
降雨量 30~100mm/H

空港舗装研究チーム(Webサイト)

ページの先頭へ戻る