波崎海洋研究施設(茨城県神栖市)

波崎海洋観測施設(茨城県神栖市)

波および流れによって海岸の底質が移動する現象(漂砂)は、海岸地形の変化や港湾の埋没を生じさせる要因であり、台風などによる荒天時など特に顕著になります。 波崎海洋研究施設は、日本一の規模を誇る全長427mの観測用桟橋を持ち、従来困難であった荒天時においても砕波帯内の観測を可能にしました。 この施設では、日々の観測を通じて砕波帯内における波、流れ、漂砂の物理機構を解明するとともに、漂砂に関連する諸問題に対処する技術の開発を行っています。
さらに、海洋生物動態、海岸植生環境、砂浜の有する海水浄化および栄養塩供給機能、飛砂や飛沫の問題、渚の温熱環境等に関する調査を併せて実施しており、海の物理環境と生物環境について総合的な研究を行っています。

諸元

桟橋全長 427.0m
桟橋先端水深  波崎港工事基準面下 -5.5m 
橋脚スパン  15.00m(22ヶ所),14.25m(1ヶ所),10.75m(2ヶ所),28.50m(1ヶ所) 
橋脚径  0.80m(11本),0.70m(13本),0.60m(11本) 

観測用桟橋

砕波帯内における波、流れ、漂砂の物理機構を解明するとともに、漂砂に関連する諸問題に対処する技術の開発を目的とした日本唯一の観測用桟橋です。

桟橋上から観測

須田浜海岸の海底断面測定、流速測定 毎週1回、地形断面、沿岸流速の測定、および目視観測を行っています。陸上部の地形断面はレベルとスタッフを用いて測量し、海域部は桟橋上から重さ約3kgのレッドを海底面まで降ろして測量します。沿岸流速については約50m間隔で桟橋上から浮き(フロート)を流して測定します。目視観測では波向き、波の高さ、波の周期、砕波帯幅などを観測してます。さらには毎月1回、平面的な地形測量(汀線測量)を行っています。

沿岸土砂研究チーム(Webサイト)

ページの先頭へ戻る