干潟実験施設

干潟実験施設は、現地の干潟の一部を切り取って再現したものです。1つの水槽の幅と長さはそれぞれ3mと8mで、現地の干潟の土と自然の海水を引き入れて人工的な干潟を再現しています。実験は1995年から継続しており、これまでの間に、多くの生物が住み着いています。

写真
施設全景

写真
干潟の実験生態系をつくり、再生過程を調べています。

写真
水槽全景

これまでに出現した生物

写真
コアマモ

写真
スジエビの仲間


 

沿岸環境研究チーム(Webサイト)

ページの先頭へ戻る