大規模波動地盤総合水路

大規模波動地盤総合水路
大規模波動地盤総合水路

模型実験は、現地を縮小して現象を把握するものですが、小さな模型による実験では、砂や構造物の性質が現地とは変わり、実際の現象を正しく再現できないことがあります。
この施設は、世界最大の波、3.5mの風波と最大2.5m相当の津波を起こすことができる大型の水路で、世界的にも希な実験施設です。水路の大きさは、長さ184m、幅3.5m、深さ12mで、深さ4mの砂地盤層を持っていることも特徴です。 この水路では、ほぼ実規模の実験を行うことができ、特に小さな模型実験では問題であった、地盤の動きや構造物の破壊過程についても、再現が可能です。

この実験施設を用いて、国民の生命・財産に重大な影響を及ぼす津波、高潮・高波等による災害の防止、減災に関する研究を行っています。

写真2
大規模波動地盤総合水路の実験 (最大2.5mの津波の力)

大規模波動地盤総合水路を利用した実験の様子(動画)(WMVファイル/192KB)

耐波研究チーム(Webサイト)

ページの先頭へ戻る